2021年6月9日水曜日

【リノベーション戦記】第8章:壁をぶち壊せ!

ついに、ガレージ大改装最大の壁、「壁」に立ち向かうー


どうも、先日全く知らない人から誕生日を祝福するSMSが届き、血の気が引きました。サンドマンです。(そもそも誕生日全然違う日なんですけど・・・)

さて今回は、ガレージ設立初期のリノベーション活動を綴る連載企画、「リノベーション戦記」の記事を久々にアップデート!(前回の記事はこちら
今回もゆるーく、楽しくご覧ください!

=================================

【壁をぶち壊して部屋を一つに!】

今回のリノベーションでは、1Fに大型の工作機械などを置く広いスペースを確保しようとしています。そのために、以前床剥がしをした際の記事で紹介したとおり、

事務所と更衣室の間の壁をぶち抜いて一つにしよう!

と画策しました。
ぶち壊す壁はこちら!
この写真の右側の壁面、全部です。全部。

【そもそも、壁を壊してもいいの?】

その前に。壁を壊すに当たって、事前に確認すべきことがあります。それは、「耐力壁かどうか」です。
耐力壁とは、建築物において、地震や風などによる横荷重に耐える強さを持った壁のことです。地震や風などによる倒壊のリスクを抑えるには、一定の割合でバランスよく耐力壁を配置する必要があります。リノベーションをするにあたり、壁を壊す必要がある際には、建築士の方に耐力壁か否かを確認していただくことをお勧めします。詳しくはSUUMOさんのコラムなどをご覧ください。

僕らのガレージでも、リノベーションをするにあたり、事前に建築士の方にチェックしてもらい、耐力壁ではないことを確認しました。

というのも、僕らのガレージで借りている建物自体は鉄骨造、一方で壊したい壁は木+石膏ボード製。横荷重に対する強度はほとんど鉄骨構造で確保していますから、問題がないのだと思います。Wikipediaにもそんなことが書いてあったよ(笑)
室内の間仕切壁(木製・石膏ボード製など)も、鉄骨に比べ強度が無視できるほど小さいため、非耐力壁である。 

これで準備は万端!


【まずは更衣室の棚撤去から!】

それでは早速壁の破壊を進めていきます!
まずは、壁の破壊の邪魔になっている、更衣室側の棚板を撤去していきます。

この目の前の壁を破壊したい!

そもそもこの場所、今でこそスッキリしていますが、物件を借りた当初は物置状態で、片付けが大変だったんですよ・・・。詳しくは過去のブログをどうぞ。

バールやハンマーを駆使して、板を力づくで引き抜いていきます・・・
釘が錆び付いていて、かなり難儀しました。。。
ついでに右側の壁に固定されたロッカーも撤去していきます!

そしてついに・・・

綺麗さっぱり!


ついでに更衣室に鎮座していたロッカーも・・・

ご覧の通りに破壊!
(この部屋ってこんなに広かったんだ・・・)

あ、取り外した棚板の始末もこの後しっかりやりましたよ。
地味にこっちの方が大変だったりします・・・

作業はまさに「人海戦術」。怪力自慢のメンバーにも相当助けていただきました。ありがとうございます!


さあさあ、ついに「そのとき」がやってきました!

【石膏ボードを破壊だ!】

それでは、事務所側の石膏ボードをメンバー総出でどんどん壊していきます!

粉塵が舞いますので、保護メガネとマスクをしっかり装備

みなさま、日頃の鬱憤を手先に込めて、石膏ボードを叩き割る!

極々わずかですが、ライブ感のある動画もどうぞ!


私も怒りを込めてバールを壁に振りかざしていました。
「●●●、ふざけんじゃねーぞ!いつもいつも相(以下自主規制)」
こういう話はとてもではありませんが公にできるものではありません。
当時抱えていたストレスを思い出すといまでも吐き気がします。
みなさまもそんなストレス、一度や二度抱えたことがあるのではないでしょうか。

手の届かない場所は梯子に登って作業。
梯子は下で他の人にしっかり押さえてもらいます。

そしてついに、石膏ボードの全破壊が完了!



【壁破壊の儀式!?】

さて、ここでMr.ヘルニア氏、壁を破壊するにあたり、やってみたかったことがあるらしく。その名も

「シャイニングごっこ」

「シャイニング」といえば、1980年に一世を風靡したホラー映画の名作。(私は見たことがないんですが。)その象徴的なシーンといえば、「叩き割ったドアの裂け目から顔を出したジャック・ニコルソンの狂気に満ちた表情」。これを真似て、壁をぶち壊す狂気を表現してみよう!という魂胆である。



Mr.ヘルニア氏が更衣室側から壁に穴を開け、
顔を突っ込んで覗き込む・・・
その狂気の顔がこちら!


身の毛もよだつ(!?)恐ろしい地獄絵図の完成です。
みなさま、お分かりいただけただろうか・・・・・・・

【そして繋がる、2つの部屋・・・】

厳かな儀式が終わった後、残りの木の柱やベニヤ板を切断し、引き剥がしていきます。
(この時の写真がなぜか残っていない・・・泣)



そして、ついに・・・




2つの部屋がつながった!

旧事務所から旧更衣室側をパチリ。
なんという開放感!

今度は反対側から!
メンバーみんなで記念撮影(笑)


この日、ガレージのリノベーションの戦いは、一つの大きな壁を乗り越えた。
そんな気がしたのであった・・・


さて、当初計画通り、この部屋に工作機械を設置するには、残りの床剥がしを完遂し、床面にコンクリートを打設しないといけません。まだまだやることが多い・・・そして、手を当てるべきは1Fだけではないのでございますよ。

壁を乗り越えても、リノベーションは道半ば。我々の戦いは、まだまだ続く・・・!


次回の記事もお楽しみに!

(サンドマン)

This Is The Newest Post


EmoticonEmoticon