2022年4月20日水曜日

コワーキングスペースを活用してブログ書いてみた!

 こんにちは。最近旅のお土産が全部酒になってしまった、おなかもんです。


さて今回はコワーキングスペースを使ってみた日記を書いてみようと思います。

・家に作業をする場所がない

・家だと集中できない

・オフィスがない、遠い・・・

そんなことありますよね、やっぱり家はあくまで生活をする場所で仕事をする空間ではありません。

そんな時、コワーキングスペースが活躍するのではないでしょうか?

2022年4月15日金曜日

【太陽光発電】(15)インバータを選ぼう!

発電した電気を普段通りに使うため、インバーターを選ぼう!



どうも、サンドマンです。先日福島出張中に大地震に遭ってしまいました。停電&断水って辛いですね。こんな時に自分で発電できたら・・・!

さて今回は、近頃更新少なめな太陽光発電の続編をお送りします。これまで、ソーラーパネルチャージコントローラ バッテリー、およびそれらを繋ぐ配線の準備を進めてきました。今度は、貯めた電気を使うための機材、「インバータ」を準備しなくてはなりません。というわけで今回の記事では、インバータの選定に関わるあれこれを紹介していきます!


2022年4月5日火曜日

【学芸員資格取得日記その1】出願してみた


 こんにちは。最近2キロの減量に成功しましたがあっという間に戻りました…。

ご無沙汰しております、おなかもんです。

さて、私は今年一つチャレンジ連載記事を書いてみたいと思います。


27歳社会人、学芸員資格を働きながら取得しよう!

2022年3月23日水曜日

猫さんおもちゃを作ってみた‼

ハイ、サンドマンっ家の猫Will君とおなかもんっ家の猫とらみちゃんにぞっこんの、どうもMr.ヘルニアです。

さて今回は、日常に彩りを与えてくれるお猫様の方々に感謝を込めてプレゼント‼を作ってみました‼それがこちら!


これは、猫様の大好きな鳥の羽根を使ったおもちゃです‼
名付けてお猫ルアーです‼

見よ、この食いつきっぷりを‼




では早速つくっていきましょ~

2022年3月10日木曜日

放電加工もできます!

どうも、車の扉に触れるとよく静電気が流れて痛い思いをしています。サンドマンです。

僕らのガレージには、ものづくりに役立つ様々な機材が揃っています。中にはちょっとマニアックなものもありまして・・・本ブログでは、そんなマニアックな機材が有効活用された瞬間を逃さず取材し、不定期で皆様にご紹介していきたいと思っております!

さて今回のテーマは放電加工です。皆様は聞いたことがありますか?

2022年3月2日水曜日

【DIYと安全】(1)「リスク」を正しく理解しよう!

はじめに


近頃では、3Dプリンタなど手軽にモノづくりができるツールが充実してきたこともあり、趣味で本格的なモノづくりをしている人たちが増えているように感じます。ネット上に公開されている様々な事例を見ていて、みなさんホントすごいな!と思います。
しかし、ネット上に公開されている情報の中には、個人の自己顕示欲が優先され、安全について周囲の助言に耳を貸さず、非常に危険なモノづくりをしているケースもみられます。このような危険行為をする人たちに対して、どのような伝え方をすれば安全確保の重要性を理解してもらえるのだろうかと、近頃よく考えています。

そこで実験的な取り組みとして、あまり他で語られることの少ない「DIYと安全」をテーマにした解説記事を、産業界での取り組みを参考にしながら、本ブログで数回に分けて載せていきたいと思います。

「趣味のモノづくりを、いかに安全に進めるか?」

について、趣味でモノづくりをされている方に少しでも知っていただき、参考になれば幸いです。

2022年2月23日水曜日

CNCルーターを一新するぞ!(1)まずは設計!

どうも、Fusion360の使い方にまだまだ慣れないサンドマンです。
今回は、僕らのガレージの期待の新設備、CNCルーターの新規導入に向けた準備!についてお送りします。

突然ですが、ここで当ブログをよく読んでくださる方ならば疑問に思うことでしょう。
「CNCルーターならすでにあるんじゃないんですか?」

その通りです。以前に当ブログでもCNCルーターの設置活用について何回か取り上げたことがありました。しかしそのCNCルーターに関しては、諸般の事情によりガレージで引き続き使用することができなくなりました。

(使おうと思っていた方、すみません・・・)

一方で、CNCルーターを使いたい利用者は着実に増えている状況で、こうしたニーズに応えるためにも、代わりとなるCNCルーターの設置が急務となっております!

さらに。せっかく新たに設置するのであれば、これまでのものを凌駕した機能を備えたものを作りたい!と考えるのが技術者としての性(さが)でございます。


そこで私たちは、これまでのCNCルーターを超える、より高機能なCNCルーターの設計・製作に着手したのです!